シーリング防水工事 お気軽にお問い合わせください  022-383-3621



    防水構法の仕組み


外壁に0.05mm以上の隙間があれば雨水が侵入口とするため適切な防水的所とを講じる必要があります。 目地からの侵入原因とは・・・

●雨水があること

●雨水が侵入口となる隙間があること

●雨水を移動させる力が作用すること

この3条件が同時に満たされた場合に限って発生し、いずれか1つの条件が欠如すれば 雨水の侵入は起こらないと言われます。 そのため雨水の侵入がないことが望ましいが、漏水が見うけられた場合に許可・資格・知識の有する施工店などで事前検査が必要であることは言うまでもありません。
例としては雨仕舞をよくする納まりが十分に考慮されていない場合が多い場合があります。 防水材料や工法に過度な期待をかけた設計図を基に無理な施工が行われた事例も考えられます。