シーリング防水工事 お気軽にお問い合わせください  022-383-3621



     目地の基礎知識


漏水事故を防ぐために我々施工業者としましては、設計段階から目地の納まり・目地設計を確認する必要があります。  シーリング防水とはシーリング材により機能を発揮する工法なのです。
しかしながらシーリング材は有機材料であるため、紫外線等による経年劣化が避けられず、いずれ破壊に至るものと考えられます。
上記以外にもシーリング防水の品質向上を目的として様々な活動が行われてきました。 その取り込みとして下記があります。

・施工管理の制度、シーリング管理制度

シーリング材メーカーの日本シーリング材工業会と施工団体の日本シーリング工事協同組合連合会が設立した 現場管理者としての能力検定

・作業員の制度、シーリング防水技能検定制度

一定の技量を有した作業員の育成及び、能力を国が公証する厚生労働省管轄の国家資格制度

・防水基幹技能者

高度な管理能力を有する技能者として国交省推進のもと 防水業については(社)全国防水工事協会が認定する制度
つまり、建物の品質を考える事はもちろん知識のある建築業の許可を取得している施工店または、資格保有者 が施工を行うのが望ましいと考えられます。 業者を選定する際の参考としてお考えください。 ※主な資格(シーリング管理士・シーリング防水施工技能者・防水基幹技能者など)